• ホーム
  • 子どもの肥満度を計る方法とは?肥満の種類についても解説

子どもの肥満度を計る方法とは?肥満の種類についても解説

子どもの肥満度を計る方法と肥満度を使っての評価であり、標準体重に対し実質体重がどれくらい上回っているのか、何%かで示す計算方法です。実質体重から標準体重を引き算したのが肥満度であり、標準体重に100をかけて%が導き出されます。

計算の結果から幼児の場合であれば、太り気味は肥満度15%から、さらに20%を超えるとやや太り過ぎであり、30%以上になれば太り過ぎです。学童になると軽度肥満は20%以上で、中等度肥満は30%以上、50%以上になると高度肥満になります。

肥満度を簡単に理解できる、肥満度判定曲線を見るとわかりやすいです。幼児用でも男子用と女子用があり、学童用でも判定曲線は男女で異なるので適したグラフを参考にします。

軽視できないのも子どもの肥満であり、何も対処しないまま成長すれば、成人肥満にもつながりますので油断は禁物です。まだ子ども時代は柔らかなふっくらした状態が可愛いと評価されますが、それも度を過ぎると将来の健康を脅かすことになりかねません。乳児期以降に肥満が発生をすると、小児肥満から成人肥満につながるリスクは高まります。

消費エネルギーよりも摂取エネルギーが上回る、原発性肥満の単純性肥満が多くの子どものかかえる肥満の種類です。高カロリーで口当たりがよく、砂糖や小麦に乳製品をふんだんに使った、おやつにジュースや食事の過剰摂取は、確実に体重を増やしていきます。レトルト食品にたくさんの食品添加物を使う食事、野菜は少なく油や砂糖に化学調味料の多さ、食事内容のバランスの乱れなど、食生活の悪さのツケです。

現在単純性肥満が圧倒的に多いのは、生活習慣や食生活が大きく変化をした1970年代以降からのことであり、食の欧米化は子どもの肥満率を大きく高めました。2次性肥満とも言われる症候性肥満は、さまざまな病気が隠れているため放置はできません。単純性肥満の場合は身長は伸びますが、症候性肥満になると身長は順調に伸びることがありません。

大人でも太り過ぎは健康に悪いことが分かっていますが、それは子どもも同様です。太り過ぎると洋服が入らなくなったりするだけではなく、様々な合併症を伴うことになります。脂質異常症や高血圧に2型糖尿病など、生活習慣病になるリスクが高まりますし、動脈硬化を促進する要因です。

怖いのは将来的に重大な疾患につながることがあるためであり、脳卒中や心筋梗塞を起こす可能性が高まります。成人した者だけがリスクを抱えるわけではなく、子どもでも動脈硬化は進行するので、大人だけの問題ではありません。睡眠時無呼吸や脂肪肝を起こす事もあり、子どもが太り過ぎているなら、合併症の検査を病院で受けることも必要です。

合併症を患っていないとしても、肥満体を支える腰やひざには大きな負担がかかるのは避けられません。長期的に肥満を続けることは未来の健康を脅かすことになりますし、幼少期に太ると大人になってからの肥満の元になります。