• ホーム
  • 肥満を解消する医薬品?ゼニカルの効果にせまる

肥満を解消する医薬品?ゼニカルの効果にせまる

ダイエットをしたい女性

世界的に肥満治療にも使われているのが、脂肪吸収抑制剤の医薬品ゼニカルです。食事をとる際に服用をすることで、脂質の吸収量を抑える働きがあります。普通に食べているとすべて分解され、吸収をされるので、食べ過ぎたり油の多い食事だと体重を増やす要因です。しかしゼニカルを飲むことで脂肪分解酵素のリパーゼの働きを阻害するため、吸収量を最大で30%カットすることができます。しっかりと食事を食べても、有効成分のオーリスタットが働くため、大幅にカロリーを抑えることのできる優秀な医薬品です。

脂質に対しての有効性を持っていますので、脂っぽい食事を食べる際に飲むようにします。美味しく脂っぽいメニューを堪能しても、一定量の脂肪分は吸収をされずに、便と一緒に排出されるので、ダイエットの心強い味方です。

白米やスパゲティーなどの麺類、パンなどの小麦食品や砂糖をふんだんに使ったスイーツなど、炭水化物系に働きかけるものではありません。トンカツや天ぷらにフライドポテトなどの揚げ物や、焼肉やステーキなど脂肪の多い肉料理、濃厚な脂たっぷりの調味料など、油を使った食べものに対して効果を発揮します。

太り過ぎている人は例外なく食べることが好きであり、嗜好としては油を大量に使った味付けの濃い食べ物が好きです。肥満を解消したいものの食べ物の誘惑には勝てない、そんな人たちの肥満治療に大活躍します。

飲むタイミングとしては食事をしている最中か、もしくは食後の1時間以内に水と共に服用をすることです。食べる前に飲みたいと考えるかもしれませんが、薬効の持続時間を考えると食前は控えたほうが無難です。人との食事でタイミング的に食前しか飲むチャンスが無い場合は、食事の終了時間を逆算して飲むようにします。1回あたりの服用は1錠であり、1日に3回までの服用が可能です。

医薬品ですから副作用もありますが、油便が出るので便器や下着を汚さないよう注意が必要になります。油便が出るのは有効成分オーリスタットが十分に作用している証拠でもあり、あまり心配をする必要はありません。出てくるのは油なので便器に黄色い色が付くと落ちにくいため、用を足す前にトイレットペーパーを敷くことです。下着に関しては、おならをした時や、少し力を入れた際に油が漏れることがあります。ゼニカル服用の時にはあらかじめ生理用のナプキンを下着につけておくのが良い対策です。

脂溶性ビタミンの不足するという副作用が出ることもありますが、脂質をカットして排出するためビタミンもその対象になるからです。皮膚や粘膜を丈夫にするためにも、健康にもかかせない栄養成分ですから、そのままにするわけにはいきません。

いきなりゼニカルをやめる必要はありませんし、過剰に脂溶性ビタミンの食材を食べるようなことをすることもないです。放置をすると肌の乾燥や肌荒れを招きますので、脂溶性ビタミンの不足にはマルチビタミンなどのサプリを使うようにします。